カテゴリーアーカイブ: ウェブチェック

jetstarのウェブチェックインで楽々便利な空の旅を楽しもう

空港に行くと、今は多くの格安航空会社が並んでいます。格安航空は、旅行の際に大きな味方です。何かと費用のかさむ旅行、少しでも移動費は押さえたいという人もいますよね。私は今までに格安航空を何度も利用しており、最初に予約をしようとjetstarのページを開いた時にウェブチェックインという機能があることを知りました。

ウェブチェックインの何が便利なの?jetstarで利用するメリット

格安航空会社は、安価に空の旅を提供しています。その為にはもちろん、どこかサービスを厳しくする必要が出てきます。その時に真っ先に厳しい制約が付けられたのは荷物重量の制限と、搭乗時間です。大手航空会社では時間を過ぎて搭乗者が現れない場合は空港じゅうを探し回ります。そして飛行機も離陸を待っていてくれます。しかし格安航空会社の多くは搭乗者がいなかったとしても待ちません。定刻通りの出発です。空港に着いてからもたもたと手続きをして搭乗時間に間に合わなくなってしまうことが怖かったので、私はjetstarのウェブチェックインを利用しました。ウェブチェックインを済ませていけば空港では何もすることがありません。あらかじめ印刷してきたページを見せるだけですぐに飛行機に乗ることができて、とても便利でした。

カウンターで預ける荷物も楽々!安く早く飛行機に乗れるウェブチェックイン

jetstarのウェブチェックインでは、カウンターで預ける荷物の設定もできます。預ける荷物は重さによって料金が決まっており、搭乗の直前まで追加が可能です。ただし、搭乗直前に預けると予約段階で預ける選択をするよりも値段が高くなってしまうんです。予約時には預けなくても大丈夫、この重さに収まるはず、と思っていてもいざ荷物を詰めてみたらすごく重いなんてこともありました。そんな時はウェブチェックインの段階でカウンターで預ける荷物の重さを追加します。こうすると、空港に行ってから追加するよりも安く済ませられるんです。実際に荷物を詰めてから重さを計って、今のプランで問題なく預けられるか確認するといいでしょう。

スマホで搭乗!?ウェブチェックインすると使える便利な機能

前回私がjetstarを利用したのは大阪に向かう国内線でした。その時、初めてウェブ航空券というものを利用したんです。ウェブ航空券はjetstarのアプリをインストールして、ウェブチェックインを済ませることで利用できるサービスです。スマートフォン上で予約番号と名前を打ち込むことで格安航空券が画面に表示されます。ウェブチェックインをしてあっても、ページ印刷を忘れてしまったり印刷したページを忘れてきてしまう可能性もありますが、スマホならそうそう忘れる人もいませんし荷物にもなりませんよね。ウェブチェックインを済ませてアプリからウェブ航空券、これが私としては一番安心でした!ただし、スマートフォンの充電が切れてしまっては使えないのでお気を付けて。

名古屋でくいだおれ旅行に行くならどこがおすすめ?

独特な食文化がありながらも、その地に行ったらぜひ食べてみたいと思いますが、その中でも名古屋は個性的な食文化のある地域です。
名古屋に行くなら、名古屋独特の食事を楽しんでみましょう。

朝は小倉トーストで

名古屋市民は朝食は喫茶店で取ることが多く、朝から家族で喫茶店に行く家庭もあります。
そのため、多くの喫茶店でモーニングメニューが充実しています。
その中でも、名古屋名物といったらなんといっても「小倉トースト」でしょう。

小倉トーストは、小倉あんがパンの上もしくはパンにサンドされているのが特徴で、これにコーヒーやサラダ、ゆでたまごなどがセットになっています。
その喫茶店によってセット内容は異なりますが、朝から焼きたてのパンに豪快に乗せられた小倉あんを頬張れば、今日一日を元気に過ごすことができそうですね。

🌅🍞☕🐮 『MACCARONI 』 ✅小倉トースト ✅カフェラテ 500yen+tax #ひとり旅 #モーニング 😋✨ #小倉トースト &#カフェラテ あんこ大好き💓♥️❤️ #トースト 分厚い(^з^)-☆ 朝からモリモリ食べました! #名古屋#名古屋カフェ#MACCARONI#マカロニ#名古屋駅#モーニング#小倉トースト#カフェラテ#名古屋モーニング#mikky名古屋旅 🐼ⓜⓘⓚⓚⓨ

*ⓜⓘⓚⓚⓨ🐼さん(@mikky.0901)がシェアした投稿 –

昼食は豪華に

名古屋で昼食をとるならやっぱり「味噌」が決め手でしょう。
名古屋といったら「味噌かつ」「味噌煮込みうどん」は絶対に外せないメニュー。
味噌かつとは、とんかつに特製のみそだれをかけて食べるメニューで、お店によって使用している味噌の種類やブレンド方法が異なってきます。

少し甘めの味噌だれが多く、ボリュームがあっても箸が止まらないほど。
その反面、味噌煮込みうどんは赤みそで仕立てた煮込みうどんで、少し香ばしい香りが食欲を掻き立てて、冬に食べると体の芯からぽかぽかになります。

夜はお酒と手羽先で

名古屋には、美味しい手羽先の有名店がいくつもあり、名古屋といったら手羽先といったイメージもあります。
名古屋で提供される手羽先は、皮がパリパリで中は肉汁たっぷりのジューシーな味わいがあり、甘辛のタレがやみつきとなる一品です。
お酒も食事も進んで止まらない手羽先は、お子様にも人気のメニューとなっています。

名古屋に行くなら格安航空で行こう

格安航空のjetstarなら、名古屋など国内旅行には料金も安いので最適ですが、荷物の預かり規定が少し厳しいので、事前に確認しておく必要があります。
jetstarの荷物は、機内に持ち込める個数やサイズ、重量はエコノミーとビジネスで異なっていて、ビジネスがエコノミーの半分の量しか持ち込みできなくなっています。
そのため、旅行に行く前に荷物の量や重さを考慮してから行くようにしましょう。

jetstarには、事前にネットでチェックインが可能な、「ウェブチェックイン」という便利なサービスがありますので、ぜひ利用してみてください。

jetstarを使うならウェブチェックインで搭乗時間を短縮!

jetstarにはウェブチェックインというサービスが存在します。これを使えば搭乗の際にかかる時間を短縮することが出来るので、空港に到着する時間が出発ギリギリになってしまった時にとても便利です。知っておくと便利であるjetstarのウェブチェックインをここでは紹介します!

jetstarのウェブチェック機能の利点はどんなところ?

jetstarのウェブチェックインの利点はやはり搭乗にかかる時間を短縮することが出来る点です。jetstarの飛行機に乗る際、カウンター出て荷物を預けカウンターでチェックインをし、搭乗ゲートへ向かいますが、ウェブチェックインをしておけばカウンターに行く行程を飛ばしてそのまま搭乗ゲートへ行くことが出来ます。手荷物がある場合はウェブチェックインをしていてもカウンターに行かなければいけないので、手荷物が無い際にとても便利なサービスです。ちなみにこのウェブチェックイン機能に関しては、空港だけでなく自宅や職場でももちろん利用することが出来ることから、到着が時間ギリギリになってしまいそうな場合は移動中にウェブチェックインを済ませておくことをおすすめします。

jetstarのウェブチェックイン機能はどうやって使うの?

jetstarのウェブチェックイン機能はjetstarの公式サイトから利用することが出来ます。スマートフォンやパソコンを使ってアクセスし、「チェックイン」というところをクリックすれば、ウェブチェックインのページへ移動します。ここに自分が乗る予定の飛行機の予約番号と登録しているメールアドレスを入力するだけでウェブチェックインは終了です。jetstarに限らずLCCはチェックインなどの時間に厳しいので1分でもチェックインの時間に間に合わないと飛行機に乗ることが出来ません。私も仕事終わりにjetstarを使う機会がありましたが、時間がギリギリになってしまい、列も長くてチェックインの締め切り時間に間に合いそうになかったので急いでスマートフォンでウェブチェックインをして事なきを得ました。

jetstarのモバイル搭乗券を使えばもっと搭乗が快適に!

jetstarのウェブチェックインをする際に、一緒にモバイル搭乗券を発行することが出来ます。こちらはスマートフォンでウェブチェックインをした時のみに利用できる機能ですが、QRコードを搭乗ゲートにかざすだけなので搭乗がとてもスムーズに進んでとても便利です。私もこの機能を利用したのですが、空港で充電がギリギリになってしまったので、充電器もできれば持っておいたほうが安心かと思います。空港にはスマートフォンの充電スペースもあり、こちらを使うのも良いですが、夜遅い時間であると充電スペースを利用している人も多く、充電出来ないこともあるので充電ケーブルよりもポータブルタイプの充電器の方がおすすめです。

ウェブチェックインを初めて利用したときにうっかりしたこと

jetstarは安いのでよく利用していましたが、いつも何となく習慣で自動チェックイン機を使用して空港でチェックインをしていました。あるときに思い立って便利そうなウェブチェックインを使ってみようと思ったときに、うっかりして焦ったことがありました。

ウェブチェックインを使ってみようと考えたきっかけは利便性の魅力

いつもフライトを利用するときには空港に到着してから自動チェックイン機でチェックインをしていました。もともと空港にはかなり余裕を持って到着している方だったので、あまり自動チェックイン機を使うことにストレスは感じていませんでした。しかし、ウェブチェックインを利用できるという説明をjetstarを予約したときに聞いて、利便性が良いと感じて初めて使ってみることにしました。確かに空港に到着してからチェックインのために手続きをしなくて良いなら空港の到着時刻を遅らせることができます。いつもjetstarを使うときには預ける手荷物もないので、ウェブチェックインに初挑戦してみようと決意したのです。

ウェブチェックインのときにうっかりしてしまったこととは何か

jetstarのウェブチェックインを使おうと思ったときにうっかりミスをしてしまったために危うくチェックインしたのにセキュリティーゲートを通れないところでした。空港に向かう電車の中でウェブチェックインをすれば良いと考えていて、ノートパソコンを開いて手続きを始めたのですが、搭乗券の受け取りのときにウェブ乗車券をダウンロードというのを選択してしまいました。これはプリントアウトしてから利用する仕組みになっているので、今からではプリントアウトできないから搭乗券なしの状態になってしまうと焦ったのです。とはいえ、スマートフォンも持っていなかったことからモバイル搭乗券を選択していても困っていたのは確かでした。

コンビニに寄って解決できたウェブチェックインの時のうっかりミス

ウェブチェックインでjetstarの搭乗券をダウンロードしたのは良いのですが、印刷できずにどうしようかと悩みました。慌ててインターネットで検索して調べてみたところ、同じようなミスをする人もいるようで解決策が提示されていて助かりました。電車が駅に到着してからコンビニに寄ってメールのデータを印刷してもらったのです。それまでコンビニでこんな印刷サービスがあるとは知らなかったので新しい発見があって良かったと今は思っています。当時はとりあえず空港のカウンターに行って相談するしかないかもしれないと焦っていたのですが、ちょっとコンビニに寄るだけでウェブチェックインのときに犯したミスも解決することができました。

jetstar利用者必見!チェックインはwebで簡単便利

LCCの登場によって飛行機での旅行がとても身近なものとなってきました。特にjetstarは就航している路線数も多く、とても人気があります。日本では特に成田―沖縄線などの人気路線もカバーしており、とても便利で私もよく利用しています。そんなjetstarを利用する際、ウェブチェックインが大変便利なのでご紹介します。

ここが便利!jetstarのwebチェックインの便利ポイント

実際にjetstarのウェブチェックインを利用して先日成田空港から沖縄まで旅行に行ったのですが、その時気付いた便利な点をご紹介します。それは出発時刻の48時間前からウェブチェックインが出来る点です。当日、空港のチェックイン機にてチェックインしようとすると、特に繁忙期には長蛇の列が出来ている事があります。実際に旅行に行った日も連休だったため、チェックイン機の前に長い行列が出来ていました。LCCではチェックインの締め切り時間を1分でも過ぎてしまうと、搭乗予定の飛行機に乗れなくなってしまいます。なので、事前にウェブチェックインを済ませてしまう事で当日時間に余裕を持って行動する事が出来ます。

jetstarのウェブチェックインのやり方パソコン・スマートフォン簡単!

ウェブチェックインはjetstarのサイトで行います。サイトの「チェックイン」という項目をクリックすると「予約検索」ページが出てきます。予約番号・メールアドレスもしくは姓を入力し、予約内容を検索します。出発地が表示されるので、「チェックインする」をクリックします。搭乗者名と便名が表示されるので、チェックイン欄にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。搭乗券の作成画面に移るので、パソコンの場合は「ウェブ搭乗券」を選択してプリントアウトします。スマートフォンの場合は「モバイル搭乗券」を選択し、「モバイル搭乗券を送る」をクリックします。スマートフォンのアドレスを入力し、「確定する」をクリックします。すぐにjetstarからメールが届くので、メールを開いて「モバイル搭乗券を保存」というリンクがあるので、クリックします。すると予約内容とQRコードが表示されるので、当日はそのQRコードを提示します。

知らないと大変ウェブチェックインを行う際に気をつける事とは

jetstarでウェブチェックインを行う際に気をつけなければならない点があります。それは、ウェブチェックインが利用できない場合があるという事です。特に注意する点は、非常口がある座席列のエクストラレッグルームシートを利用する場合と、旅行代理店経由で申し込んだ場合です。特に繁忙期は直前の予約だと非常口付近の座席しか空いていない場合もあるため、注意して予約する必要があります。また旅行代理店経由で航空券を予約した場合、旅行代理店側で代金支払いが完了していない場合がありウェブチェックインが利用できない事があるようです。ウェブチェックインが出来ない場合は、当日早めに空港に行き自動チェックイン機にてチェックインする必要があります。

ウェブチェックインのおかげで解消されたjetstarの利用

jetstarが運行を始めた頃に利用した時にはウェブチェックインはまだ始まっていませんでした。その頃の印象で乗りづらいと思っていたのですが、近年になってから使ってみるとウェブチェックインのおかげで快適に利用できるようになっていることがわかりました。

ウェブチェックインが導入される前のjetstarは乗るのが大変

格安の航空券が手に入ると知って初めてjetstarを利用したときにはあまり良い印象を受けませんでした。当時はまだウェブチェックインが導入されていなかったので、空港に行ったらチェックインカウンターに並ぶか自動チェックイン機を使わなければならなかったからです。ほとんどの人が預ける手荷物がない状況になっていたため、出発の30分前くらいになると自動チェックイン機に長蛇の列ができてしまっていました。初めて利用したときにはその待ち時間のせいで危うく乗り遅れてしまうところでしたが、かろうじて出発の5分ほど前にゲートに到達して無事に予定通りのフライトに乗れました。この経験からしばらくjetstarを使っていなかったのです。

ウェブチェックインのおかげで楽になった二つのシチュエーション

時代は変わってほとんどの航空会社でウェブチェックインを導入するようになり、jetstarでも導入したと知って久々に使ってみることにしました。自動チェックイン機を使用せずに、空港に到着したらそのままセキュリティーチェックに向かえるのはやはり便利で、安くて快適なjetstarという印象を受けたのです。しかし、さらにメリットが実感できたのはその時の帰りの便でした。ウェブチェックインをするのを忘れてしまったのですが、空港に到着してみると自動チェックイン機に一人として並んでいなかったのです。ほとんどの人がウェブチェックインをしてくれているおかげで空港でのチェックインもスムーズになっていて快適でした。

スマートフォンを持っているとペーパーレスで何もいらないのが魅力

jetstarのウェブチェックインを初めて使ったときにはまだスマートフォンを持っていなかったのですが、その次に利用したときにはスマートフォンを持っていたのでチケットを印刷せずにスマートフォンでセキュリティーチェックやゲートを通過しました。このウェブチェックインの方法の威力を知ったのは帰り道でした。行き先のホテルでチケットをプリントアウトすることができなかったからです。空港の自動チェックイン機が空いているとはいえ、ウェブチェックインができてしまうに越したことはありません。このときにはスマートフォンを持っていたおかげで事前にチェックインを済ませることができてスムーズにフライトに乗れました。

スマホやタブレット端末があれば、移動中や外出先でも予約可能

jetstarといえば、格安航空の一つとして人気を集めます。中でもウェブチェックインの取り組みには多くの注目が集まります。48時間前からの予約がスマホやタブレット端末からできるというのが最大の魅力です。席も自由に選べるなどと至れり尽くせりです。

大変に便利なウェブチェックイン!ポイントとなるのは、時間的余裕

jetstarといえば、ウェブチェックインができることで有名です。ウェブチェックインの便利さについては、今までの常識を覆すほどのものだとして圧倒的な支持を集めています。ウェブなんて面倒くさいというイメージを持っている人も多いかもしれませんが、決してそのようなことはありません。現に私自身も、自身でやってみるまでは、抵抗感を感じていました。しかしながら、実際にやってみると、その方法は至って簡単なものでした。何度も旅行の際には、jetstarを利用している私ですが、ウェブチェックインを覚えてからは、ずっとウェブでの予約をしています。ただし、ウェブで手続きする際には、余裕を持って行うことをお勧めします。

リーズナブルさが光るjetstar、利用者にとっての魅力は満載

jetstarのウェブチェックインは、原則として48時間前から手続きが可能となります。なんとも魅力的なのは、自宅のパソコンはもとより、スマホやタブレット端末があれば、外出先や移動中でも予約ができるという点にあります。出発当日にも、予約をすることができますが、何かと慌てることになってしまいますので、事前にウェブチェックインするのが良いといえるのではないでしょうか。ウェブチェックインの良さともいえるのが、自由に席を選択することができる点です。窓際や通路側などの本人の好みに合わせて選ぶことができるのも利点です。jetstarといえば、そのリーズナブルさでも人気です。リーズナブルさを実現するためとして、一人のスタッフが多くの仕事を掛け持ちます。その分、利用者も時間厳守などの取り組みに協力する必要があります。

大手航空会社と遜色ないクオリティです。安全性と快適性も問題なし

jetstarのウェブチェックインが上手く行ったからといっても決して油断をしてはいけません。私自身も経験がありますが、当日も空港には余裕を持って行くことが必要です。jetstarの場合は、大手航空会社とは異なり、手荷物預かりなどの場所も異なる場合がありますので、注意しましょう。私の場合は、何とか時間ギリギリで間に合いましたが、もう少しで飛行機に乗り遅れるところでした。格安航空会社の場合には、時間にはとても厳しいという点を念頭に置いて行動してください。むろん、安全面や快適性については、大手航空会社と遜色はありません。ウェブチェックインについても、余裕を持ってすれば何の心配もなく利用できます。

jetstarのウェブチェックインで気軽に空の旅を楽しめます

お手頃な価格で国内各地や海外へ行けるLCCが、ますます人気です。そんな中でもjetstarは、気軽に利用できる航空会社として人気を集めています。お値段が安いことはもちろん、ウェブチェックインで、面倒な搭乗手続きも簡単に済ますことができるからです。

慌ただしい出発前、ウェブチェックインなら長蛇の列に並ぶ必要がありません。

jetstarのウェブチェックインは、ご自宅や勤務先からでもオンラインでチェックインが可能です。かつては行楽シーズンの空港で、チェックインカウンターの長蛇の列に並びながらイライラする、ということが多々ありました。しかしウェブチェックインなら、慌ただしい出発前の時間も余裕で過ごすことができます。jetstarのウェブチェックインは、すべての国内線において出発予定時刻の48時間前から1時間前まで、国際線は48時間前から2時間前まで利用することができます。だから「搭乗時刻に間に合わないかも」と気を揉むこともなく、空港のお店でじっくりお買い物をしたり、カフェで出発前のひとときを楽しんだり、思い思いに過ごすことができます。

ウェブチェックインの手順はとても簡単、モバイル搭乗券が便利です。

jetstarのウェブチェックインの手順は極めて簡単です。まずjetstarのホームページにアクセスして、画面右側にある「オンラインチェックイン」をクリックします。そして航空券を予約した際に発行されている予約番号と、Eメールアドレスあるいは姓名を入力して「予約検索」をクリックすると、ご自分の予約内容が出てきます。出発地を確認したうえで「チェックイン」をクリックすると、あとはスムーズにチェックインまでの手続きを終えることができます。さらに、搭乗券の発行も手軽に行えます。スマートフォンをお持ちの方は、モバイル搭乗券が便利です。「スマホにモバイル搭乗券を送る」をクリックしてEメールアドレスをクリックすると、jetstarからメールが送られてきます。そこに書かれているURLにアクセスすると、QRコードが表示されます。このQRコードが、チケットそのものになります。

当日は保安検査所に直接向かえばOK、チケットカウンターには並びません。

ウェブチェックインを済ませておけば、もはや予約したjetstarには乗れたも同然です。出発当日は空港に到着したら、チケットカウンターの長蛇の列に並ぶこともなく、直接保安検査所に向かいましょう。ウェブチェックインでスマートフォンにモバイル搭乗券を選択した場合、そのとき発行されたQRコードの画面を、検査所の係官に提示します。するとピッという確認音とともに、たちまち搭乗チェックが完了します。あとは検査している手荷物が戻ってくるのを待って、検査所を通過するだけ。あまりにも簡単に検査が終了することと、まるでSF映画のような未来的なチェック過程に、ちょっとした優越感とワクワクする気持ちを味わえること請け合いです。ゆとりを持って出発手続きを済ませて、空の旅をお楽しみください。

楽々すいすい搭乗 しなきゃ損ジェットスターのウェブチェックイン

よく国内旅行に出かけますがマイペースな性格の私は、時間に余裕を持って行動することが苦手。約束には遅刻をしてしまうことも時々あります。しかし、飛行機の出発時間は止まってくれません。そんな私の味方になっているのがjetstarのウェブチェックインです。

まず、jetatarの魅力を二点に分けてご紹介いたします。

まず一つは出発直前に飛行機を取っても、値段が安いこと。これはjetstarの大きな魅力です。先の予定をあまり入れたくない、でも安く航空券を取りたいという私の願いを叶えてくれました。そして二つ目がとてもお気に入りの点です。それはウェブチェックインが48時間から1時間前にできるということです。時間に余裕を持って行動しない人は多いと思いますが、そんなあなたにぴったりです。搭乗時刻が近づいているのにカウンターは混んでいるという経験、したことないですか。このウェブチェックインを利用すれば、そんな冷や汗はかかなくてすみます。インターネットで買ったなら、どこでもできるだろ、とおっしゃるあなた、そんなことないんです。一度、jetstarではないLCCを利用したところ、カウンターか自動チェックイン機を必ず使用してくださいと言われたことがあります。

ウェブチェックインとはなんぞや、本当に大丈夫なのと心配な方へ

ウェブチェックインとは、本来カウンターや自動チェックイン機をしていた内容を、スマートフォンでできるということです。ご丁寧に、jetstarからメールでウェブチェックインをしませんかとの案内もきます。受託手荷物はありますか、座席はどうされますか、危険物の所持はありませんか、などの質問に答えていくだけです。チェックインが完了すると、QRコードが出てきます。これは、搭乗ゲートで見せるのでスクリーンショットで画面保存するのが良いです。また、jetstarアプリを利用している方ですと、アプリからもできます。チェックインは済ませたのに、肝心のQRコードが出てこない、というようなことがないように注意が必要です。

ウェブチェックインの注意点。以下の人は気をつけて利用してください。

まず、jetstarのウェブチェックインですが、出発時刻の1時間前までです。それ以降になるとカウンターもしくは自動チェックイン機を利用しないといけません。次に、ウェブチェックインを利用できない方もいます。国内線ですと、お子様や、特別介助が必要なお客さま、代金を未払いのお客様、非常口座席をご利用のお客様、グループ搭乗のお客様です。また、一つの質問事項にあまり時間をかけすぎると、セキュリティ上よろしくないため、途中で手続きを終了されてしまいます。途中で画面を消した場合も同様にお気をつけてください。受託手荷物がない人だと、混んでいるカウンターを横目に、搭乗口へ向かってしまっていいです。ウェブチェックインの便利さを体感するには、荷物は最小限にして、手荷物だけで登場してみるのもいいかもしれません。