楽々すいすい搭乗 しなきゃ損ジェットスターのウェブチェックイン

よく国内旅行に出かけますがマイペースな性格の私は、時間に余裕を持って行動することが苦手。約束には遅刻をしてしまうことも時々あります。しかし、飛行機の出発時間は止まってくれません。そんな私の味方になっているのがjetstarのウェブチェックインです。

まず、jetatarの魅力を二点に分けてご紹介いたします。

まず一つは出発直前に飛行機を取っても、値段が安いこと。これはjetstarの大きな魅力です。先の予定をあまり入れたくない、でも安く航空券を取りたいという私の願いを叶えてくれました。そして二つ目がとてもお気に入りの点です。それはウェブチェックインが48時間から1時間前にできるということです。時間に余裕を持って行動しない人は多いと思いますが、そんなあなたにぴったりです。搭乗時刻が近づいているのにカウンターは混んでいるという経験、したことないですか。このウェブチェックインを利用すれば、そんな冷や汗はかかなくてすみます。インターネットで買ったなら、どこでもできるだろ、とおっしゃるあなた、そんなことないんです。一度、jetstarではないLCCを利用したところ、カウンターか自動チェックイン機を必ず使用してくださいと言われたことがあります。

ウェブチェックインとはなんぞや、本当に大丈夫なのと心配な方へ

ウェブチェックインとは、本来カウンターや自動チェックイン機をしていた内容を、スマートフォンでできるということです。ご丁寧に、jetstarからメールでウェブチェックインをしませんかとの案内もきます。受託手荷物はありますか、座席はどうされますか、危険物の所持はありませんか、などの質問に答えていくだけです。チェックインが完了すると、QRコードが出てきます。これは、搭乗ゲートで見せるのでスクリーンショットで画面保存するのが良いです。また、jetstarアプリを利用している方ですと、アプリからもできます。チェックインは済ませたのに、肝心のQRコードが出てこない、というようなことがないように注意が必要です。

ウェブチェックインの注意点。以下の人は気をつけて利用してください。

まず、jetstarのウェブチェックインですが、出発時刻の1時間前までです。それ以降になるとカウンターもしくは自動チェックイン機を利用しないといけません。次に、ウェブチェックインを利用できない方もいます。国内線ですと、お子様や、特別介助が必要なお客さま、代金を未払いのお客様、非常口座席をご利用のお客様、グループ搭乗のお客様です。また、一つの質問事項にあまり時間をかけすぎると、セキュリティ上よろしくないため、途中で手続きを終了されてしまいます。途中で画面を消した場合も同様にお気をつけてください。受託手荷物がない人だと、混んでいるカウンターを横目に、搭乗口へ向かってしまっていいです。ウェブチェックインの便利さを体感するには、荷物は最小限にして、手荷物だけで登場してみるのもいいかもしれません。